NEWS&COLUMお知らせ/コラム

2021/05/02 コラム

“良薬口に苦し”よりも

スーパービジョンはどんなイメージですか?

なかなかうまくいかなかった事例をまとめて
どんな指摘をされるのかなぁと
ドキドキしながらSVを受けるという方も
多いのではないでしょうか。

それはまるで自分の成長のために
こわごわ苦い薬を飲むような、
まさに「良薬口に苦し」。

私たちが考えるスーパービジョンは
苦いお薬を飲まなくちゃいけなくなる前の
健康的で美味しい食事を普段からしておくことです。

「PIT」で相談の現場に出ていただく
キャリアコンサルタントと
担当するスーパーバイザーは、
現場に出る前にまず初回のSVがあります。

お互いを知り、作業同盟を作りあたたかく背中を押して
キャリアコンサルティングを実施していただきます。

初回の面談が終わったら「頑張ってきたね」と
両手をひろげて迎える2回目のSVで振り返ります。
そして継続2回目の面談、3回目の振り返りSV。
継続3回目の最後の面談、そして総まとめのSV。

SVでのスーパーバイザーのかかわりも
キャリアコンサルタントにとっては
体験的な学びとなります。

専門家として成長したいという思いを
本気で支援します。

キャリアコンサルタント支援協会ですからね。

Copyright (C) Careerconsultant Support Association. All Rights Reserved.